FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.27
Sun
 毎年11月末に積立計画を見直し12月から実施することにしています。今年も遅れましたが次の一年の積立計画を見直しを行います。

●アセットアロケーションと積立投資信託銘柄

 アセットアロケーションは善し悪しはともかく現状維持とし、【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を継続します。将来的にはまとめていくべきと考えていますが、未だ一つのアセットアロケーションに決めきれません(優柔不断)。NISAのはじめの5年が終了する2018年末には集約したいと考えていますが。。。
 積立投資信託銘柄に関しては国内外のETFは使用せず国内投資信託に限定することにします。特に海外ETFを使いこなせればコスト的に有利となることもあるのでしょうが自分にはそこまで使いこなせないかな。
 基本アセットアロケーションの変更はありませんので投資信託銘柄も変更する必要はないはずなのですが、「ニッセイ購入・換金手数料なしシリーズ」「DIAMたわらノーロードシリーズ」といった低コスト化がすすんだ投資信託にタイミングをみて新規積立分は変更していこうかと思います。

●積立金額

 これは昨年の積立額を基準として今年は約8割としましたが来年は約6割とします。現在金融資産の7割程度は預貯金という状況で、積立金額を可処分所得より多く設定しています。当然いつまでも継続できるわけはありませんので継続できる金額になるまで年毎に少しずつ減らしている段階です。

●リバランス

 リバランスは各アセットアロケーション毎に年一回実施することとしています。確定拠出年金を3月に、Core1〜4と呼んでいるアセットアロケーションをそれぞれ5月、7月、9月、11月に実施することとします。この定期リバランスの他に目標設定比率から20%ずれる(例えば20%設定が16%以下もしくは24%以上になる)ことがあればそのタイミングでも実施することとします。
 またCore1〜4に対しては今年に引き続いてバリューアベレージング法とよばれる手法を継続します。Core1・3では3.6%、Core2・4では4.8%での運用利回りを想定してリバランス時に過不足分を現金化もしくは追加投資します。バリューアベレージング法の導入は比較的短期間で預貯金からリスク資産に移している現状に対し、そのタイミングの(当たり)ハズレの影響を軽減したいとの思いからです。各アセットアロケーションのリスクを10%程度以下に設定しているつもりですので、3σに相当する投資金額の30%程度を余剰資金として確保します。

●NISA口座活用

 NISA口座は限度額まで利用を考えています。NISA口座内にもポートフォリオのリスク資産部の縮小コピーを積立で購入しリバランスの売却時にはNISA口座から売却するようにします。リバランス時の課税を抑えることが目的です。


 以上のルールで来年11月まで運用してみます。相場の動向や自分の感情に影響されず機械的に運用できればと考えています。バリューアベレージング法の対応が懸念点ですね。大きく評価額が動いた時に決めたとおりに売買できるか?
 その時に感情に負けず決めたとおりの運用をすることがある意味来年の投資の目標ですね。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
12.23
Wed
 今月も自分が積み立てている投資信託【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】のなかで、債券ファンドについて各運用会社の月次レポートから最終利回りと修正デュレーションをメモしておきます。

151223-1.png

 値については正確性を期していますが保証できるものではありません。正確な値を気にされる方は各社の月次レポートをご参照下さい。またこれらの債券ファンドへの投資を勧めるものではありませんので誤解なきようお願いします(念のため。)

 11月末時点での値です。各投信運用会社の月次レポートから値をとってきていますので現時点での値とはすでに約20日間のタイムラグがあります。最新の状況が気になる方は下記WSJのサイトが参考になるかもしれません。

【Tracking Bond Benchmarks - Markets Data Center - WSJ.com】

 12月に入ってからはまたハイイールド債券の利回りが上昇(評価額が下落)しているようです。伝統的資産以外のアセットへの投資は、やはりどうかなと思うところもあります。しかし伝統的資産とは異なる値動きをするものも投資したい、という気持ちで始めたものでもあるのでしばらく様子をみてみましょう。けっして他人に薦められるものではありませんが。

 以下お約束の自分自身へのメモコピペ。

①債券利回り=期待リターンとは必ずしもならない。
②国内外の金利差は購買力平価・金利平価による為替変動で長期的にはキャンセルされるという考えが一般的?
③為替ヘッジはヘッジコストで為替間金利差もキャンセルされる傾向にある。
 (2国間の金利差が長短で異なる場合はこの限りではない?)
④新興国債券・ハイイールド債券は高金利ではあるが金利変動・デフォルトの危険性も考慮要


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
 

comment 0 trackback 0
12.05
Sat
 今月も各アセット及び私が実践しているポートフォリオのリターン値、リスク値(標準偏差σ)をグラフにプロットしてみました。下のグラフは11月末時点での過去1年('14年12月〜'15年11月)の実績をプロットしたものです。 

  151205-1.png

 ○マークは各個別アセットで【モーニングスター】さんから下記各ファンドのデータを引用させて頂きました。

   【SMTインデックスシリーズ】
   【MHAM 豪ドル債券ファンド】
   【フィデリティ ハイイールドボンド A]
   【フィデリティ ハイイールドボンド B]

 グラフで【ジャンク】と記載しているものはハイイールド債券を示します。(F)が為替ヘッジなし、(H)が為替ヘッジ(円)ありです。

 □マークは私が実践している5種のアセットアロケーションです。詳細はこちら【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】になります。なおこれらのアセットアロケーションのリスク値・リターン値は各月末の私の口座残高から求めたもので厳密な正確性には欠ける点があります。分配金で税金を払っている分もありますし。

 △マークは代表的なバランスファンドである二つのファンドをリファレンスとしてプロットしています。

   【SMT 世界経済インデックスファンド】
   【eMAXISバランス(8資産均等型)】

 過去3,5,10年のデータ(リターン・リスクともに年率)もプロットしてみました。

  151205-2.png

  151205-3.png

  151205-5.png

 過去10年のデータにつきましては【SMTインデックスシリーズ】の運用期間が10年に達していませんので野村アセットマネジメントさんの下記インデックスファンドのデータを使用しております。

   【国内債券インデックスファンド】
   【トピックス・インデックス・オープン】
   【外国債券インデックスファンド】
   【外国株式インデックスファンド】

 11月末時点でのデータです。過去一年でみるとマイナスリターンのものが多くなってきました。いつものことですが今後の動きは私にはよめません。市場の好不調にかかわらず積立を継続できるよう分散とリスク管理を心がけたいと思います。

 なお上記プロットはあくまで過去の実績値であり未来を示唆するものではないと考えております。従いまして特定のアセットないしアセットアロケーションへの投資を推奨する意図はないことをあらためておことわりさせて頂きます。また本データにつきましては正確性を期していますが保証できるものではありませんのでご容赦下さい。

ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
12.02
Wed
 11月末時点での運用経過です。5つのアセットアロケーションを並行して積み立てており、各アセットアロケーションの積立投資信託銘柄・比率は【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】をご参照下さい。ここでは各アセットアロケーション目標比率を円グラフで示します。

1401-1.png

 11月末時点での各アセットアロケーションのリターン及びリスクの実績です。

151202-1.png

 月次リターンを(当月末評価額ー先月末評価額ー当月積立額)/先月末評価額で求め、Returnは月次リターンの各期間での総乗(2年以上の期間はそこから年率に換算)、σは月次リターンの各期間での標準偏差に√12をかけて年率に換算しています(1、3、6ヶ月のσは計算期間が短いため省略しています)。
 あくまで私の口座残高から計算したもので正確性に欠ける点あるかもしれませんがご容赦下さい。ファンド購入に手数料のかかるものは手数料も積立額に含まれます。また分配金再投資されたものは税引き後の数字となります。

 各アセットアロケーションの投資額及び評価額の履歴は以下のようになります。

151202-2.png

 11月は8月〜10月に比べると比較的穏やかな動きだったようです。自分のなかでは次の一年の投資積立計画を決める時期ですが、とりあえずアセットアロケーションは変更なしで積立を継続していく予定です。詳細は別記事にまとめたいと思います。

ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



comment 1 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。