FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.30
Sat
 ようやく最後となります。今後の積立計画の続きです。並行して積み立てている5つのポートフォリオ【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】のうちCore4と名付けている下記のポートフォリオについてです。


131129-1.png

【SMT TOPIXインデックスオープン】
【SMT グローバル株式インデックスオープン】
【SMT 新興国株式インデックスオープン】


 Core4はCore1~3で株式の比率が低いためこれを補うために設定したものです。株式100%なのでリスクは高いが小額積立からならと考えていました。しかし最近の株価の上昇スピードをみて、下落方向に同じスピードで動かれたら耐えられないなと思うようになりました。

 そこでリスクをおおよそ半減させるために日本債券と株式を1:1とするアセットアロケーションに変更することとしました。いわゆるカウチポテトポートフォリオですね。また株式部分は大雑把に全世界株式の時価総額比率に近づけるため新興国の比率を下げ、日本:先進国:新興国を1:8:1とします。結果以下のようなアセットアロケーションになります。

131129-2.png


 なお日本債券アセットとしては個人向け国債変動10のスポット購入をメインとし、その他リバランス用に【MHAM物価連動国債ファンド】を小額づづ積み立てることとします。

 この見直しでリスクも10%程度には低下しますので全体における投資比率もあげていこうかと思います。本来であれば典型的なコア資産ともいえるアセットアロケーションになったと思いますので。。。

 これでようやく積立計画の見直し完了です。見直し部分はすでに切り替えに着手していますが本年中には切り替え完了させたいと思います。そして今度こそ少なくとも今後一年は一切変更することなく定常的な積立を継続したいと思っています。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
comment 3 trackback 0
11.28
Thu
 ちょっと飽きてきましたが今後の積立計画の続きです。並行して積み立てている5つのポートフォリオ【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】のうちCore3と名付けている下記のポートフォリオについてです。

Core3-Target.png

【eMAXIS 国内債券インデックス】
【SMT 新興国債券インデックスオープン】
【SMT グローバルREITインデクス】
【三菱UFJ 純金ファンド】
 
 Core3は実験的なアロケーションです。今年5月の段階でリスク(標準偏差)10%以下のところで効率的フロンティアはどのようなアロケーションになるのだろうと思い、インデックス投資についてまとまっているサイト【わたしのインデックス myINDEX】【資産配分ツール】を使用させて頂き効率的フロンティアを探索した結果です【myINDEXでのポートフォリオ分析】

 この解析結果は過去(20年)を反映したものにすぎず、もちろん未来を保証するものではありません。過去実績の良かったものはむしろ高値圏にあり今後は期待できない、という考えもありますがどう動いていくでしょう。

 こんなアセットアロケーションですが引き続き変更なく積立継続とします。ただしCore3と名付けていますがサテライト的な位置付けでCore1~4の中に占める割合は10%以下(5%程度)の投資とします。

 新興国債券・先進国REIT・金という変わり種の組み合わせですが過去20年ではこれが効率的フロンティアにあるアセットアロケーションだったのかと思うとちょっと不思議な感じがします。是非はともかく今後どう動いていくのか興味はありますのでしばらく続けてみましょう。将来アセットアロケーションを統合・簡素化していく際には廃止する筆頭候補ですが。。。
 
 残りあと1つでようやく終了。近日中に更新します。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
11.25
Mon
 今後の積立計画の続きです。今回は並行して積み立てている5つのポートフォリオ【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】のうちCore2と名付けている下記のポートフォリオについてです。


Core2-Target.png

【SMT 国内債券インデックスオープン】
【SMT 世界経済インデックスファンド】
【eMAXISバランス(8資産均等型)】

 
 一見ややこしいアセットアロケーションですが上記国内債券インデックスファンドと二つのバランスファンドを1:1:1の比率で積み立てています。

 バランスファンドについては次の二つの理由から積み立てに組み込んでいます。一つ目の理由は低コストのバランスファンドを積み立てれば資産運用としてはベストではないかもしれないが概ね十分なのではないかと考えていること。二つ目の理由としては自分で組んだアセットアロケーション/ポートフォリオのパフォーマンスのベンチマークとしてウォッチしていくこと。

 バランスファンドの銘柄としては比較的メジャーなもののなかから低コストかつ自分が開設している証券口座(マネックス証券)から購入できるものという基準で選択しております。

 また国内債券インデックスファンドを組み合わせているのはリスク(σ)の低減のためで、各バランスファンドのリスク(σ)が15%弱となっていますので1:1:1の比率で組み入れることでリスク(σ)を10%以下(各バランスファンドの2/3)に抑えることを狙っています。

 このアセットアロケーションは当面大枠は変更することなく継続予定です。来年からのNISA口座もこの二つのバランスファンド積み立てに割り当てようかと考えています。

 ただし国内債券につきましてはインデックスファンドでは利回りが低くデュレーションが長いという下落リスクが気になる状態ですので、個人向け国債(変動10)へのリレーも実施していく予定です。

 まだ残り2つありますが引き続き後日。。。。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
11.21
Thu
 前回に続いて今後の積立計画についてです。今回は並行して積み立てている5つのポートフォリオ【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】のうちCore1と名付けている下記のポートフォリオを一部見直します。

 Core1-Target.png

【野村 Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型】
【野村 Funds-i 新興国債券】
【国際投信投資顧問 エマージングソブリン ヘッジ】
【フィデリティ ハイイールドボンド B]
【フィデリティ ハイイールドボンド A]
【ステートストリート USハイイールド債券】
【MHAM 豪ドル債券ファンド】
【DWS 公益債券ファンド A】
【三井住友 USボンド 為替ヘッジ型】
【ステートストリート USボンド ヘッジあり】

 このアセットアロケーションはリーマンショック後アベノミクス以前の、国内債券以外の主要アセットがほぼ一様に為替に連動し円高局面でパフフォーマンスがふるわなかった時期に、為替との連動が小さいアセットアロケーションももっておきたいと考えた結果です。

 新興国債券ハイイールド債券(ジャンク債)といった米ドル建てでみても米国債より利回りのよい債券に為替ヘッジ有で投資してリスクプレミア分を取得できないかと当時考えたものです。為替ヘッジ無のものも組合わせていますが日米金利差がつきながら円安に向かうような局面となっても耐えることを狙っています。

 今にして思えば新興国債券ハイイールド債券はすでに歴史的な低利回り水準にあり、今後のQE縮小を見込むと積み立てていくタイミングとしてはどうなのかとも思いますが、そこそこリスク(σ)を抑えられているのが気に入っておりアセットアロケーション自体は継続します。

 ただし積立投資信託銘柄は簡素化(各アセット1銘柄)と低コスト化を目指して、新興国債券ヘッジ有は【野村 Funds-i 新興国債券・為替ヘッジ型】に、ハイイールド債券ヘッジ無は【ステートストリート USハイイールド債券】に、投資適格社債ヘッジ有は【ステートストリート USボンド ヘッジあり】に一本化します。積立に関しては来月から一本化し、積立停止銘柄の既購入分は当面放置してリバランス等で売却するタイミングがあれば優先的に売却します。

 このアセットアロケーションは期待リターンが低いこともあり、低コスト化を特に考えなければならないのですが、まだ高コストファンドが含まれています。オーストラリア債券、ハイイールド債券については【i-mizuhoシリーズ】に期待しているのですが、まだ立ち上がって間もなく純資産総額も小さいため様子見です。

 このポートフォリオにはゲテモノ的要素があることは自覚しており、言わずもがなですが決して他人に勧めるようなものではありません。生暖かくあるいは冷ややかに見てやって下さい。

 残り3つについては引き続き後日。。。。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
11.18
Mon
 NISA口座の開設手続きをすすめながら今後の積立について考えています。

 現在5つのポートフォリオを比較しながら積立ということを実施しています【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】。本来は金融資産全体としてのポートフォリオを考えるべきなのですが、しばらくは5つのポートフォリオの並行積立は継続しようと思っています。

 ただしそれぞれのポートフォリオの中身はものによっては修正を考えます。各ポートフォリオを組んだ当初の考え方と今後の修正について記していきたいと思います。

 まずは確定拠出年金401K)について。こちらは現在下記のような比率・銘柄で積み立てています。

401KT.gif

【三菱UFJ DC国内債券インデックスファンド】
【三菱UFJ DC海外債券インデックスファンド】
【三菱UFJ DC国内株式インデックスファンド】
【野村 DC外国株式インデックスファンドMSCI−KOKUSAI】

 この401Kについてはアセットアロケーション・積立銘柄の変更は予定しておりません。ただし今月からマッチング拠出を開始することができ積立金額を今までの倍とします。

 このポートフォリオは国内及び海外先進国の株式・債券に均等に振り分ける伝統的なものから、リスクを下げるために株式:債券を50:50から40:60に変更したものです。リスクとしてはσ<10%を狙っているつもりです。

 結果として海外債券が30%組み込まれていることが一つの特徴でしょうか?。海外債券については、購買力平価説金利平価説により期待リターンは国内債券と同じなのに為替リスクを不要にとっている、よってアセットアロケーションには不要、というのが一つの通説になっているかもしれません。私自身はこの考え方を否定するものではありませんが、アセットアロケーションに入れておいてもいいんじゃない、くらいに思っています。これについては後日機会があれば改めて記してみたいと思います。

 なお現在開催中のポートフォリオコンテスト(仮想投資にチャレンジ!!ポートフォリオコンテスト)には、この401Kのポートフォリオで参加しており、11/18日現在「堅実型」の2位につけております(いづれ中位に落ち着くポートフォリオと思っていますがついつい現在の順位に浮かれてしまいます。)

 本日はここまでとし他の4つのアセットアロケーションについては次回以降順次記していきます。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



comment 0 trackback 0
11.11
Mon
 先日「堅実型」に分類されたとご報告したポートフォリオコンテスト仮想投資にチャレンジ!!ポートフォリオコンテスト)ですが本日からランキングがアップされています。

 初回の順位ですが4位という好成績でスタートすることができました。思わぬ好成績に浮かれてスクリーンショットをアップします。これが期間内の最高順位となる予感もしますので。。。


131111-1.png


 ただ順位はともかく残念ながらマイナスリターンからのスタートとなっています(参加者全員)。シャープレシオで順位を競っているのですが、マイナスリターンだと同じリターンならリスクが大きい方が順位が良いことになり一瞬あれっと思ってしまいます。コンテスト終了時点にはプラスリターンになっているとスキッリするのですが。

 二ヶ月という短期間でのコンテストですので運任せと割り切り楽しんでいきたいと思います。また他の方が組んだポートフォリオを眺めるのも楽しいですね。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
11.09
Sat
 横浜銀行三菱UFJ投信のジョイント企画であるポートフォリオコンテストに応募しています(仮想投資にチャレンジ!!ポートフォリオコンテスト)。

 コンテストのルールはeMAIXSのインデックスファンドでポートフォリオを組み期間内での「リターン÷リスク」(シャープレシオ)を競うものです。11月1日からスタートして11月11日からランキングが日々Web上で更新されるそうです。

 またランキングは「積極型」「中立型」「堅実型」の3つリスクタイプに分類して競い合うということらしく、昨日私のリスクタイプ分類の連絡がe-Mailでありました。確定拠出年金で積み立てているポートフォリオと同じ以下の比率で応募したのですが「堅実型」に分類されていました。

401KT.gif

 11月11日のランキング公開のタイミングではマイナスリターンとなっている気がしますが、コンテストということで日々の投資よりは一喜一憂して楽しもうと思っています。

 この企画はなんとなくひっそりとすすめられている感がありますが、「第2回ポートファリオの達人」も企画されており応募者もより多く集まりそうです。こちらも参加する予定です。



ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
11.01
Fri
 現在並行して運用している5つのアセットアロケーションの10月末時点での状況を紹介します。各アセットアロケーションの積立投資信託銘柄・比率は【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】をご参照下さい。

131101-1.gif

 月次リターンを(当月末評価額ー先月末評価額ー当月積立額)/先月末評価額で求め、Returnは月次リターンの各期間での総乗、σは月次リターンの各期間での標準偏差に√12をかけて年率に換算しています(1、3、6ヶ月のσは期間が計算期間が短いため省略しています)。また損益率は現評価額と積立額トータルの比率から求めたものです。
 あくまで私の口座残高から計算したもので正確性に欠ける点あるかもしれませんがご容赦下さい。ファンド購入に手数料のかかるものは手数料も積立額に含まれます。また分配金再投資されたものは税引き後の数字となります。

 401KとCore1の履歴はこんな感じになります(Core2~4の履歴は設定してからまだ短期間ですので省略します。)

131101-2.gif


 USのQE縮小観測後退ということで債券系(新興国債券/ハイイールド債券)も価額上昇気味です。QEもいつかは縮小するものですので、ここで価額上昇=利回り低下されるのも微妙に思われますが。。。

 一喜一憂せず各アセットアロケーション自体は当面変更することなく淡々と積立を継続します、というのが決まり文句ではあったのですが、大枠は変更せず少し見直しをかけようかと考えています。

 Core1でアセット比率を変更することなく投資信託銘柄をしぼる、Core4は株式のみのアセットですがリスク=価格変動幅が大きいので国内債券とあわせてリスク低減をはかる(カウチポテト化)、といったところを年内に取り進めてみようかとおもっています。詳細は後日。。。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。