FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.29
Sat
 現在並行して運用している5つのアセットアロケーションの6月末時点での状況を紹介します。各アセットアロケーションの積立投資信託銘柄・比率は【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】をご参照下さい。

130628-1.gif


 月次リターンを(当月末評価額ー先月末評価額ー当月積立額)/先月末評価額で求め、Returnは月次リターンの各期間での総乗、σは月次リターンの各期間での標準偏差に√12をかけて年率に換算しています(1、3、6ヶ月のσは期間が計算期間が短いため省略しています)。また損益率は現評価額と積立額トータルの比率から求めたものです。
 あくまで私の口座残高から計算したもので正確性に欠ける点あるかもしれませんがご容赦下さい。ファンド購入に手数料のかかるものは手数料も積立額に含まれます。また分配金再投資されたものは税引き後の数字となります。

 401KとCore1の履歴はこんな感じになります(Core2~4は設定してから間もないので省略します。)

130628-2.gif


 USのQE縮小観測で新興国債券やジャンク債が大きくさげており、Core1が想定(期待)より大きな変動幅で下落しているようです。各アセットアロケーションを当面変更することなく淡々と積立を継続します。



ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
06.09
Sun
 6月にはいってからも相場は荒れ気味で私の各アセットアロケーションも−3〜−6%程度下落しているようです。特に最近日本債券クラス以外の各アセットは相関が強く円高方向に進むと同時に軒並み下落となっています。

 ところで私の金融資産のうちブログで紹介しているアセットアロケーション部分の占める割合は実は小さく預貯金が私の金融資産の70〜80%を占めています。このように預貯金の占める割合が大きいので私の全金融資産をドル(外貨)で評価した場合には6月にはいってから円高方向にすすんでいるため上昇していることになります。

 期間を野田前総理の衆議院解散表明以降でみることにすると、円安が進むと同時にリスク資産は円で評価すると大きく上昇していますが預貯金を含む全金融資産をドル(外貨)で評価すると20%以上下落していることになります。

 このように資産を円で評価するのとドル(外貨)で評価するのでは見え方が大きく異なります。これをどのように考えたら良いのでしょうか?

 日本で生活し将来も海外移住などは考えていない自分としては円評価でインフレ率と比較していくのが妥当なのかなと漠然と思っています。一方で円評価という一面のみではある種のホームカントリーバイアスに陥っているのではないかと釈然としない思いも残っています。

 私の金融資産全体のアセットアロケーション・ポートフォリオの構築はまだ策定の途上にあります。この問題も自分のなかで一つの考えるべき課題としてあげておきたいと思います。


 
ブログ村のランキングに参加してみました。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
06.04
Tue
 これはなんぼなんでもひどすぎると思ったのが下記の記事です。

姉は認知症」訴えに取り合わず・・・

 この一件のみをとりあげて言うのはフェアではないかもしれませんが、業界の傾向のある一面をあらわしているように感じてしまうのがやるせないです。 

 販売会社は販売手数料の高い商品を多く顧客に売買させることで利益をあげられるため、個人投資家とはwin-winの関係にはなれずむしろ利益相反の関係になってしまうという側面があります。

 しかしこの件は「個人投資家側が賢くなるべき」とか「販売会社にモラルを求める」といったレベルを超えているように思えます。

 私達になにかできることはないでしょうか。


ブログ村のランキングに参加してみました。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
06.01
Sat
 現在5つのアセットアロケーションを並行して運用するかたちをとっています。各アセットアロケーションの5月末時点での状況を紹介します。各アセットアロケーションの積立投資信託銘柄・比率は【積立投資信託銘柄(2013年5月時点)】をご参照下さい。

130601-1.gif

 月次リターンを(当月末評価額ー先月末評価額ー当月積立額)/先月末評価額で求め、Returnは月次リターンの各期間での総乗、σは月次リターンの各期間での標準偏差に√12をかけて年率に換算しています(1、3、6ヶ月のσは期間が計算期間が短いため省略しています)。また損益率は現評価額と積立額トータルの比率から求めたものです。
 あくまで私の口座残高から計算したもので正確性に欠ける点あるかもしれませんがご容赦下さい。ファンド購入に手数料のかかるものは手数料も積立額に含まれます。また分配金再投資されたものは税引き後の数字となります。

 401KとCore1の履歴はこんな感じになります(Core2~4は設定してから間もないので省略します。)

130601-2.gif


 今月はアセットアロケーションによりプラスリターン、マイナスリターンと明暗が分かれています。総じてゲテモノ度が高いアセットアロケーションで成績が悪い傾向でしょうか?。当面変更することなく淡々と積立を継続します。



ブログ村のランキングに参加してみました。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 2 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。