FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.27
Sun
 毎年11月末に積立計画を見直し12月から実施することにしています。今年も遅れましたが次の一年の積立計画を見直しを行います。

●アセットアロケーションと積立投資信託銘柄

 アセットアロケーションは善し悪しはともかく現状維持とし、【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を継続します。将来的にはまとめていくべきと考えていますが、未だ一つのアセットアロケーションに決めきれません(優柔不断)。NISAのはじめの5年が終了する2018年末には集約したいと考えていますが。。。
 積立投資信託銘柄に関しては国内外のETFは使用せず国内投資信託に限定することにします。特に海外ETFを使いこなせればコスト的に有利となることもあるのでしょうが自分にはそこまで使いこなせないかな。
 基本アセットアロケーションの変更はありませんので投資信託銘柄も変更する必要はないはずなのですが、「ニッセイ購入・換金手数料なしシリーズ」「DIAMたわらノーロードシリーズ」といった低コスト化がすすんだ投資信託にタイミングをみて新規積立分は変更していこうかと思います。

●積立金額

 これは昨年の積立額を基準として今年は約8割としましたが来年は約6割とします。現在金融資産の7割程度は預貯金という状況で、積立金額を可処分所得より多く設定しています。当然いつまでも継続できるわけはありませんので継続できる金額になるまで年毎に少しずつ減らしている段階です。

●リバランス

 リバランスは各アセットアロケーション毎に年一回実施することとしています。確定拠出年金を3月に、Core1〜4と呼んでいるアセットアロケーションをそれぞれ5月、7月、9月、11月に実施することとします。この定期リバランスの他に目標設定比率から20%ずれる(例えば20%設定が16%以下もしくは24%以上になる)ことがあればそのタイミングでも実施することとします。
 またCore1〜4に対しては今年に引き続いてバリューアベレージング法とよばれる手法を継続します。Core1・3では3.6%、Core2・4では4.8%での運用利回りを想定してリバランス時に過不足分を現金化もしくは追加投資します。バリューアベレージング法の導入は比較的短期間で預貯金からリスク資産に移している現状に対し、そのタイミングの(当たり)ハズレの影響を軽減したいとの思いからです。各アセットアロケーションのリスクを10%程度以下に設定しているつもりですので、3σに相当する投資金額の30%程度を余剰資金として確保します。

●NISA口座活用

 NISA口座は限度額まで利用を考えています。NISA口座内にもポートフォリオのリスク資産部の縮小コピーを積立で購入しリバランスの売却時にはNISA口座から売却するようにします。リバランス時の課税を抑えることが目的です。


 以上のルールで来年11月まで運用してみます。相場の動向や自分の感情に影響されず機械的に運用できればと考えています。バリューアベレージング法の対応が懸念点ですね。大きく評価額が動いた時に決めたとおりに売買できるか?
 その時に感情に負けず決めたとおりの運用をすることがある意味来年の投資の目標ですね。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
11.30
Sun
 毎年11月末に積立計画を見直し12月から実施することにしており今年も見直しを行います。

アセットアロケーションと積立投資信託銘柄

 善し悪しはともかく現状維持とし、【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を継続します。アセットアロケーションは将来的には一つにまとめるべきと考えていますが、未だその一つのアセットアロケーションを決めきれません(優柔不断)。しばらくは現在の複数アセットアロケーションの実践比較を継続してみます。
 積立投資信託銘柄に関しても現在のものが必ずしも各アセットに対しコスト的にベストではないことを承知のうえで継続とします。例えば国内外のETFを利用すればコストを抑えられるのですが、そこにかかる手間もコストと考えると現状のコストパフォーマンスでも許容できるという判断です。

●積立金額

 これは今年の積立金額の約8割とします。現在金融資産の7〜8割は預貯金という状況で、積立金額を可処分所得より多く設定しています。当然いつまでも継続できるわけはありませんので継続できる金額になるまで年毎に少しずつ減らしていきます。

リバランス

 リバランスは各アセットアロケーション毎に年一回実施することとしています。確定拠出年金を3月に、Core1〜4と呼んでいるアセットアロケーションをそれぞれ5月、7月、9月、11月に実施することとします。この定期リバランスの他に目標設定比率から2割ずれる(例えば20%設定が16%以下もしくは24%以上になる)ことがあればそのタイミングでも実施することとします。
 またCore1〜4に対してはバリューアベレージング法とよばれる手法を導入してみようと考えています。Core1・3では3.6%、Core2・4では4.8%での運用利回りを想定してリバランス時に過不足分を現金化もしくは追加投資します。バリューアベレージング法の導入は比較的短期間で預貯金からリスク資産に移している現状に対し、そのタイミングの(当たり)ハズレの影響を軽減したいとの思いからです。各アセットアロケーションのリスクを10%程度以下に設定しているつもりですので、3σに相当する投資金額の30%程度を余剰資金として確保します。

●NISA口座活用

 NISA口座は限度額まで利用を考えています。NISA口座内にも各積立投資信託を購入しリバランスの売却時にはNISA口座から売却するようにします。リバランス時の課税を抑えることが目的です。


 以上のルールで12月から1年間運用してみます。相場の動向や自分の感情に影響されず機械的に運用できればと考えています。バリューアベレージング法の導入が懸念点ですね。この一年は対応できるかと思いますが運用資産が積み上がっていくと難しいかも。この辺りはまた一年後にまた考えてみます。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
05.25
Sun
 今朝は録画しておいたUEFAチャンピオンズリーグの決勝を観戦しました。サッカーのTV観戦を趣味の一つとしている私としては来月からのW杯も楽しみにしています。

 W杯といえばおおよそ一年前にこのような【エントリ】をアップしています。W杯開催のタイミングでリバランスを実施しようというものでその時期が近づいています。

 今回が現在のポートフォリオ【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を策定してから初めてのリバランスになるのですが、その初回からリバランスのルールを少し変更します。

リバランスは年1回とする。
②5つのポートフォリオを積み立てているが、各々のリバランスは1ヶ月づつずらして実施する。
③定期リバランス以外に設定比率から3割ずれが生じたらリバランスを実施する。

 ①については従来の2年に1回だとリーマンショックのような大きな動きがあった際に対応が遅れてしまう可能性がありこれに対応するため。

 ②については一度に全て実施するにはちょっと面倒なこと。その一方で普段定額積立を続けていると退屈のためかついついポートフォリオに余計な手を入れてしまいたくなってしまう傾向があり、この欲求不満解消というか退屈防止のためリバランスを1ヶ月づつずらしてみることにしました。

 まずは6月にはいったら401K確定拠出年金)からリバランスを実施してみます。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
05.19
Sun
 アセットアロケーションと積立投資信託銘柄はひとまず決めましたので当面これを地道に積み立てていきます。積立以外は基本ほったらかしですがリバランスの時期やルールは決めておかないといけないですね。

 リバランスのタイミングが与える影響は【投信まとなび】や【わたしのインデックス myINDEX】に記載があります。過去のデータでは3年毎くらいのリターンが最も高くなっているようです。ただし3年毎だとリーマンショックのような大きな変化が生じた際にはその後バランスがくずれた時間が長くなってしまいますので1年毎くらいが一般的でしょうか?。

 私は間をとって2年毎、サーッカーワールドカップと夏季オリンピックの開会式の日と設定しておきます。あわせてアセットアロケーションの設定比率が絶対値として10%乖離した場合(例えば30%と設定したものが20%以下や40%以上となった場合)にもリバランスを実施することとします。初回のリバランスは大きな乖離が生じなければ来年の6月12日頃かな。アセットアロケーションや積立投信銘柄の見直しも実施するならリバランスのタイミングに限定しておこうかと思います。

 ところでリバランスによってリスク(標準偏差σ)がコントロールできるのは理解しやすいのですが、リターンが上昇するのは自明なのでしょうか?。「上がった資産はやがて下がり、下がった資産はやがて上がる」ということであれば(期待リターンとリスクを有する)ランダムウォークということだけではなく裁定の入り込む余地があるのでしょうか?。ほったらかし投資になり時間だけはありますのでこのあたりも勉強していきたいと思います。

ブログ村のランキングに参加してみました。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。