FC2ブログ
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.04
Sun
 現在5つのアセットアロケーション【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を並行して積み立てています。各アセットアロケーション毎にリバランスを実施することとしており、5月にCore1とよんでいるアセットアロケーションリバランスを行う予定としていました。

 ここでいうリバランスとはアセットアロケーションの見直しではなく目標アセットアロケーションからのズレを補正することを指しています。またバリューアベレージング法とよばれる手法も取り入れています。Core1に関しては3.6%の運用利回りに相当するパスを設定し、そのパスに対する過不足分を売買で調整することにしています。

 予定に従い5/12の基準価額を基にリバランスの売買注文をだしました。まずアセットアロケーションの各比率について円グラフで示します。

  170604-1.png

 相対的にジャンク債(ハイイールド債券)の比率が若干高まっていたようですが、大きな比率のズレは生じていないようですね。

 バリューアベレージング法に基づく売買ですが下記グラフのように今回は設定パスから上ブレしていましたので一部売却しました。昨年の前回リバランスでは結構な額の追加購入をおこないましたので少し取り戻した形でしょうか?

 170604-2.png

 このCore1とよんでいるアセットアロケーションの次回リバランスはざっくり一年後と考えています。次のリバランスはCore2とよんでいるアセットアロケーションを7月に実施予定です。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
04.01
Sat
 現在5つのアセットアロケーション【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を並行して積み立てています。各アセットアロケーション毎にリバランスを年1回実施するこにしているのですが、確定拠出年金401K)について昨年3月のリバランスから1年が経ちましたので、今年も3月にリバランスを実施しました。ここでいうリバランスとはアセットアロケーションの見直しではなく目標アセットアロケーションからのズレを補正することを指しています。

 3/13の評価額をもってリバランスの売買注文をだしました。確定拠出年金では待機資金等は利用できませんので、まず売却注文が実施されその売却代金の受け渡しを待ってから購入注文が実施されますので1週間強の日数を要したようです。さすがに現時点では売買完了しています。下図は左から目標比率、真ん中がリバランス前比率、右がリバランス後3月末の比率です。

  170401-2.png

 今回のリバランスでは評価額が上昇した国内株式、海外株式を売却し、国内債券及び海外債券を購入しています。昨年とは逆の売買になっています。

昨年のリバランス
2年前のリバランス
3年前のリバランス

 正直リバランスボーナスもあるといいなと思っているのですが、今年のような少額の調整ではしない方がマシかもしれません。それでもリスクを一定水準に保つこと、及び、大きな変動があった際にも迷わずリバランスを実施できるようにすること、を目的として年1回機械的にリバランスを実施することを習慣化していこうと思います。。

 確定拠出年金の次回リバランスはざっくり一年後を予定。当面は確定拠出年金以外のアセットアロケーションについてもそれぞれ昨年のリバランスから1年後に実施していきます。次はCore1と呼んでいるポートフォリオのリバランスを5月に実施します。こちらはバリューアベレージング法を併用したリバランスになります。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
12.01
Thu
 現在5つのアセットアロケーション【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を並行して積み立てています。各アセットアロケーション毎にリバランスを実施することとしており、この11月末にはCore4とよんでいるアセットアロケーションリバランスを行う予定としていました(【積立計画('15年12月〜'16年11月)】)。
 ここでいうリバランスとはアセットアロケーションの見直しではなく目標アセットアロケーションからのズレを補正することを指しています。また上記予定ではバリューアベレージング法とよばれる手法も取り入れるとしています。Core4に関しては4.8%の運用利回りに相当するパスを設定し、そのパスに対する過不足分を売買で調整することにしています。

 予定に従い11/25の基準価額を基にリバランスの売買注文をだしました。まずアセットアロケーションの各比率について円グラフで示します。

   161201-1.png

 比率としては概ね時価総額比の世界株式と無リスク資産といわれる個人向け国債変動10をを一定比率(1:1カウチポテト)で持つこととしています。典型的なインデックス投資家(あるいはモダンポートフォリオ理論もしくは効率的市場仮説信者?)っぽいと言えるかもしれません。
 各アセットの比率は殆ど狙いからズレていないのですが、評価額はバリューアベレージング法での設定パスから下ブレしていましたので、結構な額を買い増ししました。過去一年でみると下落、直近でみると結構な上昇、というタイミングでの買い増しとなり複雑な気分です。まあルールを決めて感情を排すると決めたうえでの取り組みですので深く考えず機械的に実施しましたが。。。。

 161201-3.png

 このCore4とよんでいるアセットアロケーションの次回リバランスはざっくり一年後と考えています。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
07.31
Sun
 現在5つのアセットアロケーション【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を並行して積み立てています。各アセットアロケーション毎にリバランスを実施することとしており、この7月末にはCore2とよんでいるアセットアロケーションのリバランスを行う予定としていました(【積立計画('15年12月〜'16年11月)】)。

 ここでいうリバランスとはアセットアロケーションの見直しではなく目標アセットアロケーションからのズレを補正することを指しています。また上記予定ではバリューアベレージング法とよばれる手法も取り入れるとしています。Core2に関しては4.8%の運用利回りに相当するパスを設定し、そのパスに対する過不足分を売買で調整することになっています。

 予定に従い7/22の基準価額を基にリバランスの売買注文をだしました。まずアセットアロケーションの各比率について円グラフで示します。

 160731-1.png

 Core2は一見複雑な組み合わせとなっているのですが実は国内債券、【SMT 世界経済インデックスファンド】【eMAXISバランス(8資産均等型)】を同比率で組み合わせたものです。バランスファンドの組み合わせに意味があるのかと問われると答えにつまるところはあるのですが、国内債券との組み合わせでリスクをコントロールしておけば、あとの中味の善し悪しは運次第かなと思っています。現状は為替が一時期よりも円高側に戻していることもありリスク資産の比率が低下しているようです。

 バリューアベレージング法に基づく売買ですが下記グラフのように設定パスより下ブレしていましたので、今月は月毎の積立に加えて追加購入でアセットの比率を調整することとなりました。自分としては結構大きな額の追加購入となり、この辺りがバリューアベレージング法を継続するうえでの困難さでしょうか?。積立額が大きくなった状態で大きな価額下落を迎えた時に自分で決めたルール通りに追加購入できるか?(資金余力及び精神的に。。。)。

    160731-2.png

 ちなみに前回はおおよそ一年前にリバランスを実施しており(【リバランス(Core2 '15年7月)】)、この時はバリューアベレージング法に基づき売却をしております。昨年売却した価額よりも本年は低価額で追加購入したかたちになり結果オーライなのかな。

 このCore2とよんでいるアセットアロケーションの次回リバランスはざっくり一年後(また年末に来年の予定を決めます)。年内はまず次にCore3と呼んでいるアセットアロケーションのリバランスを9月に実施する予定となっています

ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
06.04
Sat
 現在5つのアセットアロケーション【積立投資信託銘柄(2013年12月~)】を並行して積み立てています。各アセットアロケーション毎にリバランスを実施することとしており、5月にCore1とよんでいるアセットアロケーションのリバランスを行う予定としていました(【積立計画('15年12月〜'16年11月)】)。

 ここでいうリバランスとはアセットアロケーションの見直しではなく目標アセットアロケーションからのズレを補正することを指しています。また上記予定ではバリューアベレージング法とよばれる手法も取り入れるとしています。Core1に関しては3.6%の運用利回りに相当するパスを設定し、そのパスに対する過不足分を売買で調整することにしています。

 予定に従い5/20の基準価額を基にリバランスの売買注文をだしました。まずアセットアロケーションの各比率について円グラフで示します。

  160604-1.png

 多くのファンドが比較的大きなマイナスリターンとなるなか為替ヘッジありのファンドが比較的好成績で比率としては高まっていたようです。もともと為替の影響の少ないアセットアロケーションをと思って開始したこのアセットアロケーションですが当然アベノミクスによる円安の恩恵は受けることができませんでした。今後為替はどう動いていくのでしょうか?

 バリューアベレージング法に基づく売買ですが下記グラフのように設定パスからかなり下ブレしていましたので、今回は結構な額の追加購入となりました。次回以降のリバランスで取り戻すことができれば良いのですが。。。

    160604-2.png

 このCore1とよんでいるアセットアロケーションの次回リバランスはざっくり一年後と考えています。次のリバランスはCore2とよんでいるアセットアロケーションを7月に実施予定です。


ブログ村のランキングに参加しています。
よろしければバナーをクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。